債務整理の手続きを知れば借金問題解決

債務整理をするには弁護士に頼るしか方法がない!

Posted on 2015年7月30日 By

金融機関からお金を借りて返済を後回しにしてしまった方や、返済の事を甘く見てたくさん融資を受けてしまった方は大変です。
本来であればきちんと返済できる範囲内でカードローンやキャッシングを利用しなければならないのですが、これが守れなかった方々が借金返済に苦しみお手上げ状態になってしまっているみたいなのです。
おまとめローンや借り換えをしても完済することが難しく、それどころか金額が減って行かないと悩んで困っている方も居るみたいです。
そんな時は債務整理を考えるようにして色々ネットで調べてみるのが良いと思いますので、時間が取れる時に調べてみて下さい。
ちなみに、借金を整理する時などには必ず弁護士にお願いをすることになりますから、前もって法律事務所も探しておくと良いです。


-債務整理には種類があるんです-

法的な手続きを行なって完済したいと考えている方も多いとは思うのだけれども、そのためにはどんなことをすれば良いのか考えてみて。
債務整理と言ってもさらに整理したり過払い金請求をしたり、返済額を大幅に減らして完済する方法もあります。
自分の状況をしっかり把握した上でどの手段を選択すれば良いかというところが大きなポイントになりますから、一度弁護士に自分の事情や状況について相談してみるのが無難でしょう。
自分で判断することが難しい事は決して独断で決めるという事をせずに、必ず専門家に相談してみるようにして下さい。


-自分で手続きすることは出来ないの?-

弁護士に頼ると費用が発生することになるから、出来るだけ自分で行ないたいと考えている方も少なからずいるはずです。
過払い金請求でしたら自分で行なう事も可能らしいですが、実際専門家が介入していないと応じてもらう事が厳しいと言われています。
債務整理は弁護士または司法書士に頼んで手続きを行なわなければなりませんので、自分だけで手続きを行う事は出来ません。
過払い金請求については自分だけで行なって成功している方も居るみたいですが、大きなリスクも伴う為出来るだけ専門家に介入していただく形にした方が望ましいと言えるでしょう。

債務整理をする


裁判所の認可が必要になる債務整理

Posted on 2015年5月28日 By

債務整理の中でも、任意整理と過払い金請求は弁護士との相談で手続きをとることができますが、個人再生と自己破産は裁判所の認可を必要とします。
裁判所の認可を必要とする、と聞くと裁判でも起こすのかと思うかもしれませんが、そこまで大掛かりなものではありません。
実際に、どのような手続きと対応をしてくれるのでしょうか。


大幅な借金減額ができる個人再生

個人再生は、財産などの差し押さえをされることなく、借金の大幅な減額をすることが出来る債務整理です。
その代わりに、裁判所に数年にわたる返済計画書を提出して認可をもらわなければいけないことや、裁判所が関与することで官報に名前が載るという難点もあります。
後述する自己破産に比べると、財産の差し押さえや職業の制限などといったマイナス面が軽く、ここまでで借金をなんとかする人が多いです。


債務整理の最終手段は自己破産

自己破産は、その名のとおり借金の返済が難しい方が行う債務整理です。
相談をした弁護士が裁判所に書類を持ち込んで、裁判所に認可をもらうことで手続きをすることができます。
借金返済の義務がなくなる一方で、財産差し押さえや職業の制限などがあります。
しかし職業の制限に関しては、資格を必要とする一部の職業のみが対象となっています。
失う物は大きいですが、それを乗り越えて再スタートしたい方は決心して手続きを行いましょう。

債務整理をする


手続きを行うのが簡単な債務整理もある

Posted on 2015年5月28日 By

債務整理は4種類あり、なかには簡単に手続きができるものもあります。
任意整理、個人再生、自己破産、過払い金請求が、債務整理と呼ばれている法的な手続きです。
このなかでも任意整理と過払い金請求は、弁護士と相談するだけで手続きが終わるのでやりやすいです。
個人再生と自己破産は、裁判所に認可をもらわなければいけない上に、官報と呼ばれる新聞に名前が載ってしまいます。


債務整理で一番利用者が多いのは任意整理

任意整理は債務整理のなかでも条件が簡単で、裁判所を経由することなく手続きを行うことができるので、一番利用者が多いです。
利用者が借り入れをしている貸金業者と、弁護士が交渉を行って借金の減額や金利そのものを消すことができます。
借金がなくなるわけではありませんが、金利がなくなることで毎月の返済は以前よりもずっと楽になります。


払い過ぎと感じたら過払い金請求

過払い金請求は、過去に貸金業者を利用していた方が出来る債務整理です。
その名のとおり、返済した借金にかかっていた金利が1年以上にわたって18~20%ほどだったら、請求できる可能性が高いです。
「当時の金利はおかしかったけれどもう終わってしまったから」、「もう終わったことだし金利程度なら」と考えている人は、その考えを改めてください。
金利分というのは意外と馬鹿にできない数字になります。
10年以上経ってしまうと時効になってしまって、過払い金請求はできなくなってしまうので早めに手続きの相談をしましょう。

債務整理をする


借金で苦しんでいる方に勧める債務整理

Posted on 2015年5月28日 By

いくら債務があったとしても、債務整理で減らせない借金はありません。
「金利が苦しくて毎月の返済が大変」、「返済できているけど返済額や金利がおかしい」と感じたら、弁護士に債務整理の相談をしましょう。
弁護士と聞いて引いても、あなたの借金をどうにかできるのは彼らだけなのです。
何かしらの問題が起こってしまってからでは手遅れなので、出来る限り早めの相談をしましょう。


債務整理ってどうすればいいの

まずは、弁護士に相談しやすいようにあなたの置かれている状況を整理してみましょう。
そうすることで、他に見えてくるものもあるかもしれないからです。
最近では債務整理の手続きをする利用者が増えてきたため、弁護士もいろいろな対応をしてくれます。
忙しい方や、自分でもどうなっているのか把握しきれていないという方は、時間があるときに法律事務所に足を運んでみてください。
「債務整理をしたい」と一言いえば、弁護士が無料で相談にのってくれます。


相談しやすくするための豆知識

債務整理は、相談が基本無料である代わりに、成功報酬型を採用しているところが多いです。
利用者の状況に合わせて主に4パターンの手続きがあり、過払い金、任意整理、民事再生、自己破産があります。
どの手続きを行うかの判断はあなたの借り入れ状況に左右されますが、説明を求めれば弁護士がわかりやすく解説してくれます。
一番利用者が多いのは任意整理で、返済が終わるまで金利をカットすることも可能です。

債務整理をする


借金を減らせる債務整理とは

Posted on 2015年5月28日 By

債務整理は、債務者の借金を減らすことを目的とした法的な手続きで、債務者の状態によって主に3つの手続きに分かれています。
任意整理、個人再生、自己破産の3つに分かれており、右にいけばいくほど全体的な借金の減額をすることが可能です。
一方で、手続きが複雑になることや、財産など差し押さえの対象になることがあります。
具体的に、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。


債務整理の手続きをとるメリット

債務整理を行うことで、あなたが抱えている借金の金利や金額を減らす、あるいはなくすことが出来ます。
なかでも、任意整理は利用者の負担が軽く、弁護士が貸金業者と交渉するので安心して利用することが出来ます。
一番手続きをしやすい任意整理でも、課せられている金利をなくすことができるという大きなメリットがあります。
生活に支障がでるようであれば、すぐに弁護士に相談してみるべきでしょう。
相談は無料なので、積極的に活用してください。


債務整理の手続きをとるデメリット

これまで利用していたすべての貸金業者は、債務整理を行うことで少なくとも5年間は利用することができなくなります。
なぜなら、この手続きを行ったという情報が信用情報機関で5年間以上保管されるからです。
信用情報機関に保管されている情報は金融機関なら自由に閲覧することができてしまうので、お金の工面は別の方法を考えなくてはいけません。

債務整理をする