任意整理と過払い金請求は簡単な債務整理

手続きを行うのが簡単な債務整理もある

Posted on 2015年5月28日 By

債務整理は4種類あり、なかには簡単に手続きができるものもあります。
任意整理、個人再生、自己破産、過払い金請求が、債務整理と呼ばれている法的な手続きです。
このなかでも任意整理と過払い金請求は、弁護士と相談するだけで手続きが終わるのでやりやすいです。
個人再生と自己破産は、裁判所に認可をもらわなければいけない上に、官報と呼ばれる新聞に名前が載ってしまいます。


債務整理で一番利用者が多いのは任意整理

任意整理は債務整理のなかでも条件が簡単で、裁判所を経由することなく手続きを行うことができるので、一番利用者が多いです。
利用者が借り入れをしている貸金業者と、弁護士が交渉を行って借金の減額や金利そのものを消すことができます。
借金がなくなるわけではありませんが、金利がなくなることで毎月の返済は以前よりもずっと楽になります。


払い過ぎと感じたら過払い金請求

過払い金請求は、過去に貸金業者を利用していた方が出来る債務整理です。
その名のとおり、返済した借金にかかっていた金利が1年以上にわたって18~20%ほどだったら、請求できる可能性が高いです。
「当時の金利はおかしかったけれどもう終わってしまったから」、「もう終わったことだし金利程度なら」と考えている人は、その考えを改めてください。
金利分というのは意外と馬鹿にできない数字になります。
10年以上経ってしまうと時効になってしまって、過払い金請求はできなくなってしまうので早めに手続きの相談をしましょう。

債務整理をする